代表挨拶


 

☆ 8期代 代表挨拶 ☆

 

 

CHILE8代目代表 愛敬貴大です。

 

「何かボランティアがしたい。」

 

そんな気持ちで出会ったのがCHILEでした。

CHILEに出会う人の多くは国際協力、海外ボランティアに興味を持っています。

しかし私はそうではなく、ただ何かボランティアがしたかっただけ。

ただそれだけで出会ったCHILEの活動を、メンバーを知り、気持ちが大きく変わりました。

そんなCHILEは私にとって居場所であり、掛け替えのない家族です。

 

始めるきっかけなんてなんでもいい。それが誰かのために、誰かの力になるならばそれは自己満足になんてなりません。

 

バングラデシュという異郷の地・・・。

 

多くの人は名前は聞いたことがある。その程度だと思います。しかしそこには日本に負けず劣らず笑顔が耐えない素敵な国です。

ただ経済の発展が遅れている。それだけでバングラデシュの子どもたちは学校に通うことができず、自分のしたいことをすることもできません。

 

私たちが活動しただけでは現状に何も大きな変化を与えることはできないのかもしれません。それでも多くの人にバングラデシュの存在や現状を知ってもらうキッカケにはなるんだと信じています。

 

多くの子どもたちに笑顔が溢れ、自分の信じた道を歩んでいける未来。それが私たちが描くゴールです。

 

それが実現するまで私たちは活動し続けます。

 

日頃から多くの方々に支えられ私たちは活動できています。いつも募金活動やイベントにご協力いただきありがとうございます。

 

これからもより一層の活動をしていきますのでよろしくお願い致します。

 

バングラデシュの子どもたちの笑顔のために。

 

                                          愛敬貴大