CHILEが建設した第2校目の小学校


CHILEが建設した第二校目の小学校

2012年11月  118万円をACEFに送金し
2013年5月  第二校目の小学校が建設

学校名:Ramdeverpar BDP Primary School (ランデムパール小学校)
建設地域:Barisal ボリシャル
生徒数:124名(男子61名 女子63名)
教員数:4名


 

 

BDP活動区域の

Ramdeverpar BDP Primary Schoolにある

小学校の校庭や新しい教室の前で

休み時間に遊ぶBDPの生徒達

 

 

 

 

第二校目の校舎も、
 

第一校目の校舎と同様に

 

レンガ造りの丈夫な校舎に立て替えました

 

2013年8月のスタディーツアーで

 

このRamdeverpar BDP Primary Schoolを訪れた際に

 

開校式を一緒に迎えることが出来ました。

 

子どもたちからの熱烈な歓迎に

 

とても胸が熱くなりました。

 

開校式を終えた後は、

 

子どもたちとたくさん交流し遊びました。

 

 

 


小学校の建設前

建設前の校舎の外装

 

 

トタン造りの屋根は

サイクロンの災害などによって

流されてしまいます

 

 

 

 

建設前の校舎の中

 

暑いときには30度を超す暑さの中

トタン板で囲まれた教室の中で

一体どれほど温度が上昇するのか

私たちには想像もできません

 

しかしこんな環境の中でも、授業を受けている子供たちの目は

キラキラと輝いています。

 

 

 


建設後の小学校


建設後の外装

レンガ造りの丈夫な校舎になり

サイクロンが来ても

安心できる校舎になりました


建設後の校舎の中

 

 

新しいレンガ造りの校舎に

子供たちは大喜び!

以前のトタンの校舎とは変わり

こんなにキレイな校舎になりました